リアル猫活動「ネグレクト❗❗❗」

リアル猫活動「ネグレクト❗❗❗」
このページは、削除されてしまったNPO法人にゃいるどはーと BLOGを可能な限り復刻させてものです。
一部の記事は復旧できませんでした。ご了承ください。
 2018年03月15日 リアル猫活動「ネグレクト❗❗❗」

にゃいるどはーとの東江です

一時脱出コンテナ設置場所

木々は全部猫神様ご夫婦が切ってくれていた

全部やらななきゃいけなかったのに本当に

ありがとうございます

さて沢山の木々、葉っぱの山

大変だ~

沢山の葉っぱ

にゃいるど斎藤も夕方やって来て

木を切る、、30センチに、、

まだまだ終わらない

手動で100均ノコギリ、、切れ味は良いが

時間はかかるな~

サンダーにすんべ

サンダーバード「刃を買いにいかなくては」

日時が足らない、、明日もやらねば❗

今日の監禁虐待猫らの様子

皆はご飯も食べてたくましく待っていてくれてます。

もうすぐ脱出出来るように設置場所の清掃、

急がねばならない

1ヶ月以上関わって思う事

監禁虐待現場はいわゆるごみ屋敷状態

家の中も入れる状況ではない

普通の人では息がつまり生活困難だと思う

なぜ?この状況でずーと暮らせるのか今でも疑問だが、ネグレクトは放棄型なので飼育放棄、家事放棄、育児放棄、、様々な事を放棄❗❗

見ても見ないふりをする傾向か、、猫の亡骸さえ放置をしていたわけだからね。

ただひとつ??当人に不思議だなと思うのは洗濯だけはやっている

毎回洗濯物は干されています。かろうじて2人暮らしだからなのか?姉と弟で暮らしているからか、、弟は定職にはついていて収入もあるはずだが、、この件は姉が勝手にやっているのだから関係ないと言い張る、、話しはわかるかと思っていたが手の平を返される出来事があった、、、やはり、このような環境でも暮らしているのだから、、普通の感覚ではないのかと疑問がうまれた。まるで姉を他人さんみたいに言う、、、一緒に暮らしているのに責任は背負いたくない「責任放棄」があるんだと思う

根っこが深いこの問題、、

私達ボランティアが全て背負い込むのが

本当の解決ではない、、

少なからず痛い思いをしなければ、、

同じ事が繰り返される事になるからね

痛い思いを猫だけが受けるんじゃ、、全く意味がない❗❗

活動、、私は意味のある活動にすべく 

新たに頭を捻るよ、、

一緒に暮らしている弟さんは、、長年見て見ぬふりを続けてきていたが、、

もうそれは出来ない終わりだと諭さないとね

姉「当事者」だけの問題ではなく2人の問題

身内ですし長年一緒に暮らしている中で

過酷な猫らを見て何とも思わず暮らしてきたのか?赤いおべべの亡骸も家中に放置でしたから亡骸を見てはいる。当事者の姉だけがネグレクトではないんだよ

共に暮らす弟さんもネグレクトなんだよ❗

言い切ってしまいましたが

監禁虐待猫達は救出させるが

その前にやらねばならぬ事がありますね

本当の解決をします❗❗

「共感は力なり」