リアル猫活動「監禁虐待猫らの様子、、」

リアル猫活動「監禁虐待猫らの様子、、」
このページは、削除されてしまったNPO法人にゃいるどはーと BLOGを可能な限り復刻させてものです。
一部の記事は復旧できませんでした。ご了承ください。
 2018年03月21日 リアル猫活動「監禁虐待猫らの様子、、」

にゃいるどはーとの東江です

更新まで二日空いてしまいましたが活動は進んでおります!

アメーバブログ内の「にゃいるどはーとブログ」では更新されております。

経緯が繋がってますので

お時間有りましたらアメーバブログをご検索ください「宜しくお願いします」

今週

25日「日曜」午後に残り19匹を救出します

今日はあいにくの雪まじりいつも以上に

カイロを、、、後4日の辛抱だ、、

予定より1週間後ろだ押しになったが

新座っ子24匹を保護出来たのも、、後ろだ押しのお陰である、、、

なんだかなるようになったのが不思議な感じすらする。

ただ、今週は2月12日に出逢った監禁虐待猫らをようやく、ようやく救出出来る事に胸が踊る、、

やっと救える❗胸が踊るのは当然だが

どうか19匹が無事に仮の猫ハウスへ移動

先ずは移動成功を目指す❗

仮の猫ハウスでのこの子らの姿をみたい❗

招き猫みたいだ(笑)

過酷な状況で何年頑張って来たのだろうか?

監禁虐待が今に始まったのではなく、、

今までの歴史がある

亡くなっていった子らも、、

亡骸1体はミイラ、、

もう1体は成猫の三毛猫、、半分腐りかけてた

もう1体は先に保護したみよちゃんの姉妹だった、、これは私達が見たからだが、今まで何匹の猫が命を落としたかな?

保護するには医療費もあります

ただ、餌だけ与えればよいわけではない

餌も残飯では、、直ぐに病気になる

病気になっても医療を受けさせてもらえない

保護してるのではなくネグレクトです

一匹の保護に責任があります

責任が嫌だから、無理だからペットは飼わないは賢い選択かもしれない

保護した以上、、責任「お金」がかかります

猫は痛さを表情に出しません

我慢をしてしまいます

変化に気づいてあげるのも飼い主責任ですね

今回

保護猫頭数が多いので

名前が決まるまで番号でわけます

雄、雌、番号順に。

治療時にも分かりやすいですからね。

首輪は安全な物を着けます

ドラえもんの鈴が番号よ(笑)

先が見えてからのこの子らの表情は豊かになってきた気がします❗

これから、これから、猫らしくです❗

朝霞猫ハウスの新座っ子ママンは

4匹の子育てを頑張ってます

赤にゃん一匹が目に目ヤニ膿がたまったので目薬を差してあげてます。

目ヤニをふいてあげれば眼球は大丈夫です

ママンが出来ない事は人間がサポートします

早めの対応が大事になりますね

頑張ろうな❗新座っ子ママン

スクスク育てよ赤にゃん達❗

「共感は力なり」

朝霞猫ハウス保護っ子ら

子にゃんも居るよ❗

置物の、、、がんちゃん(笑)