リアル猫活動「とても小さな命が虹の橋へ、、、、」

リアル猫活動「とても小さな命が虹の橋へ、、、、」
このページは、削除されてしまったNPO法人にゃいるどはーと BLOGを可能な限り復刻させてものです。
一部の記事は復旧できませんでした。ご了承ください。
 2018年03月22日 リアル猫活動「とても小さな命が虹の橋へ、、、、」

にゃいるどはーとの東江です

18日に24匹新座市の強制退去期限付き

行き場を失う24匹全頭にゃいるどはーとが

保護しました

因みにこの家は23日に取り壊しになりました

当事者の自宅へ行ったのが10日頃、既に乳飲み子4匹と母猫が段ボール中で子育てをしていました

5匹いたんだけど1匹猫に食べられて居なくなった、、当事者談

椅子を引くと居ました、、

何とか保護まで、、生きて

15日ににゃいるどはーとへ全頭保護依頼にて決まりました。

実は15日にお電話で乳飲み子が1匹居ないと告げられました。様々な手続きで家に長らく居なかった。帰ってきたら乳飲み子は3匹

私は、折角保護するのに、、とにかく1匹を家中を探して。

何とか、、冷蔵庫裏あたりで発見

電話でこたつの中にすぐ入れて暖めてと

頼みました。段ボール内にはカイロを置いて

他猫達から安全な場所へと、、、

このような出来事がありました

それから3日後、全頭保護

別の乳飲み子1匹と母猫も箱の後ろで発見されました。

多頭飼い崩壊の場合、、頭数もわからなくなり

家中はちらかっており何処に猫が産まれたか

把握すら出来ないです。

20匹と聞いていたが実際は24匹でした

乳飲み子を他猫がくわえて持ってかれます

それが、、、、普通にね

保護から5日後

元気に育つかと思ってましたが、、、

昨日1匹赤にゃんの目が腫れ上がり

目薬処置をしましたが

今日、、

虹の橋へ

目も開いていたのに、、、保護されたのに、、、早すぎます

赤にゃん3匹おりますが、、、

何があるかわかりません、、、

残念でならん❗

不妊去勢だけやってくれてれば、、

残念でならん❗

スクスク育て、、名もなき赤にゃんの為に❗

「共感は力なり」