リアル猫活動「お願い麻酔から覚めて、、。」

リアル猫活動「お願い麻酔から覚めて、、。」
このページは、削除されてしまったNPO法人にゃいるどはーと BLOGを可能な限り復刻させてものです。
一部の記事は復旧できませんでした。ご了承ください。
 2018年03月31日 リアル猫活動「お願い麻酔から覚めて、、。」

にゃいるどはーとの東江です

昨日N様より届きました

ドライフードをありがとうございます

定期に送って頂いており大変助かってます

K Sアーメットの丸山様より頂きました

匂いがとれーるそうで猫らに害がないので

猫ハウスで早速使わせて頂きます。

ありがとうございます

さて、昨日麻酔から目覚めない猫ちゃん、、

朝一でもまだ意識は2割程度です。

いつ、目覚めるか、、

後遺症も覚悟しなければ

せっかく保護した命、、命だけでも助かって

ほしいと願っています

まれに麻酔で命を落とす動物がいます

アーポック動物病院でもこの子のような事例は

はじめて、、先生が医院長になる前にワンちゃんで一度経験。そのワンちゃんは目覚めることなく1日も、、持たなかったそうです

手術は昨日夕方5時頃終わりましたが

そこから現時点で2割の意識しかないです

音に反応

少し目もあけますが、、寝てます

立ち上がるまで、、、いきません

ICUで引き続きですが

カテーテルも始めます

カテーテルは「月子ちゃん」でも使いました

私は猫活動9年目で初めてこのような猫の状態の経験を今、、しています

猫ちゃん体重は3キロ2才未満の三毛ちゃん

非常に心配しています

入院させて回復を待つしかありません

コメントもありがとうございます

全頭保護したら良かったではない❗❗

正にその通りです

保護の先には治療

治療の段階でも生死をさ迷う事もある

その猫が麻酔に耐えられるかいなかは

わからない

1000匹に1匹は麻酔が合わない子もいる

保護側は、推定年齢、体力、体格、など血液検査しても見た目判断しか出来ない

明らかに体力が衰えている、痩せている

年齢もいってる猫の場合はリスクが高すぎで

手術はしません。

今までの経験上で学びましたが、、

今回ばかりは、、、、

とにかく目覚める事を願うばかりです

アーポック先生昨日は深夜までありがとうございます。引き続き宜しくお願いします。

「共感は力なり」